教育理念

フリースクール 『Play With Me Time』 の教育理念

【3つの歓びを知る子供の育成】

PlayWithMeTime教育理念

フリースクール『Play With Me Time』の目指す教育の目的

「自分を大好きといえる自分になる」

全ての学習活動(遊び)を通して、見つけたいもの、見つめたいものは「自分」です。

「自分」を知り、もっと自分を好きになる。もっと自分と仲良くなる。もっと自分を理解する。

できない自分もできる自分も受け止め、わかる自分もわからない自分も認め、許す。

自分は何が好きで何が嫌いで、なにを得意とし、何を苦手とするのか。何が楽しみで喜びなのか。自分を探求していきます。

 

子ども達が生きていく上で大事なのは「自分を認め大事にするチカラ《自己肯定感》」です。

 

他者からの承認や受容を求めているうちは、【他人軸】で相手によって自分の存在価値が揺れ動きます。そして、他者から認められるために頑張り続けなければいけません。しかし、そのエネルギーも認められなければ、いずれ枯渇してしまいます。

自分の人生の主役は自分。子どもたちは幸せになるために生まれてきました。本当に自分を満たしてくれるのは、「どんな自分であっても自分は自分でよい。自分は素晴らしい!!」という【自分の価値は自分で決める】という揺るがない自分軸。自分のエネルギーを自家発電するチカラです。

どんなに失敗しても、勝負に負けても、「頑張っている自分は最高!」「自分にはきっとできる」といえる根拠なき自信と信頼。それらをすべての教育活動(遊び)の中で育んでいきます。

代表挨拶

代表

佐々木朋香(TOMOKA)

 

はじめまして、フリースクール『PlayWithMeTime』代表のTOMOKAです。

 

「子ども達にとって最高だと思う教育を実践する学校を創りたい」

そんな志をもって教育を探求してきた私が、日本の教育に付けたしたいと思っているのは「自由」です。「自由」は人の可能性を無限大にしてくれます。

 

子どもも、教師も、保護者ももっと自由でいい。

学習のカタチを選択する自由。学習場所・スタイルを選ぶ自由。ルールを選ぶ自由。教え方を選ぶ自由。宿題をする自由。役員をする自由。

様々な枠から飛び出して、自分に合ったカタチを選択するだけで、どの子ものびのびと瞳を輝かせ、学習を遊びと同じように楽しみ喜ぶことができます。

 

もっと勉強は楽しくなる!もっと学校は楽しくなる!

もっと自分を知り、好きになって、生きていることが歓びとなる。

 

あなたがあなたらしく輝く場所、そんなカタチの学校を子ども達に提供したい。

 

笑顔いっぱいの学校を子ども達と創っていきたいと考えています。 


スタッフ紹介

代表

佐々木朋香(TOMOKA)

 

教師歴15年 (勤務地:上海、香港、横浜、東京)

 2018年3月   東京都公立小学校教諭 退職

幼稚園から高校(美術)まで教諭免許を持ち、幼稚園から中学校まで勤務経験あり。

・ヴァーチューズ・プロジェクト国際認定講師

・色彩心理臨床セラピスト

・潜在意識メイキングインストラクター

・ELM勇気付けリーダー(アドラー心理学)

・魔法の質問キッズインストラクター

・レイキカウンセラー®️

その他多数資格あり。

 

《好きな言葉・在りたい自分》

自分の見たい世界を創る。感じたい感情を創る人となる。

周囲の人に新しい風を巻き起こし、愛をベースに世界に新しい花の種をまく人。

 


ボランティア講師   

北::野.智也. (TOMO)

 

教師歴14年 (勤務地:バンコク、デンマーク、東京)

 2018年3月   東京都公立小学校教諭 退職

幼稚園から高校(国語)までの教諭免許を持ち、タイと東京の小学校、デンマークのフォルケホイスコーレに勤務の経験がある。平日夜や土日には、(大人の為の経済学)(これからの世の中を生きる為の働き方講座)などビジネススクールの講師や個性心理學認定講座なども開催している。

◎個性心理學認定講師&カウンセラー

◎個性心理學B.l.a.c.k&White支局(支局長)

◎アロマ風水プラクティショナー認定講師

◎旅の学校主催

◎社会教育主事基礎資格など、

 

《好きな言葉・在りたい自分》

Time is life

直感を大切に生きる。

社会と人、人と人を繋ぎ、その人の持ち味や本質を大切に生きるお手伝いをすること。使命を全うする為に、精神的.経済的に自律した人を育てたりサポートしたりすること

 


バイタル デベロップメンファシリテーター

むつみ(小山睦美)

 

証券投資顧問会社勤務(人事・総務及び経理担当責任者)

2010年日本初のバイタル デベロップメントのワークショップに会計担当として関わったことがきっかけとなり、バイタルダンスの魅力と有効性に深く関心を寄せる。スクール第1期生として卒業したのち、2012年からクラスを開始。

本職では日々、比較・競争・マネー至上主義の最前線で働く一方、クラスでは自己を大切にし、他者との思いやり、自然と調和することを伝え続けている。

 

《好きな言葉》華麗奔放